ベビー復活の兆し

約3週間前の出来事!

1匹のベビーの様子がおかしい?
餌を数口食べてシェルターへ・・・

それが3日続き、舌のチェック!
健康なら綺麗なピンク色だが少し白っぽい。

至急単独飼育に切り替えて1日観察。

殆ど寝た状態で水入れの前に置いても飲まず、餌も食べず。

舌は真っ白!

これは危険だと思い早急に病院へ連れて行き
点滴と抗生物質注射。
少し脱水症状が現れていた。

脚で顔を擦る仕草をするので寄生虫か?

その後3日間強制給餌をし、脱水症状は改善された。

強制給餌は無添加・砂糖、塩不使用の野菜ジュースにうさぎ用の強制給餌用粉末と
ビタミン剤と桑の粉・カルシウムを混ぜシリンジで直接胃へ注入。

毎日給餌で3日後に水入れの水を飲み出した。
餌は数口食べるが以前のようにシェルターへ向かう事なく少しウロウロと。

2度目の通院で同じく点滴と抗生物質の注射。
この日は強制給餌は休止。

翌日強制給餌を開始。

水は良く飲むようになった。

その翌日朝から出せ出せと少し元気だったので
早急に餌の用意をし、置いてみると数十分食べ続けた。
同時に舌のチェックを・・・
少しピンク色に!

便・尿も正常に排泄し出した。

まだ食べる量は少ないのでまだ数日強制給餌を続け様子を見ようと思う。
注射も続けないといけない。

設備もフル装備にし、保温と加湿を続ける。

手遅れでなかったようで日々回復してくれる事を願う。

血液の循環が悪くなると舌が白くなり、各臓器へ血液を送らなくなる。
さらに脳へも影響を受けるので早急に医者による治療が必要です。
ただ、ベビーは血液検査が出来ない為、今回は寄生虫も考えて混合の駆虫薬を
投入しました。
今回は開口呼吸をしていなかったので呼吸器系の疾患では無いと言う事だけわかっていたので
寄生虫か内臓機能低下の治療対応をしていただいた。
正解だったのかな?

生きようと頑張ってる姿が今回は発見でき、何とかしてやりたいと
今までの経験を生かし治療に専念しました。

元気になればこの仔は手放さないで家族の一員に加える事にします。

a0115760_1194579.jpg

[PR]

by knk999 | 2010-11-20 11:10 | ヒガシヘルマン
line

一生の相棒達!


by knk999
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30